カタチ

 

だんだんこのままじゃいけないなって思いが強くなってきた

 

 

 

 

 

 

今日は初めて女の子と二人で料理しました。

 

そんなに得意なタイプじゃないかなあと思ってたけど、なんでも話してみるものですね。久々に女の子とたくさん話せて楽しかった

 

こっちの日本人女子は全員兄弟がいないということでカホコトークをしてみたり、はたまた文化の違いの話をしてみたり。

男友達は男友達、女友達は女友達の良さがそれぞれであるものだね

 

コミュニティ広げるために一緒に動いてくれてる貴重な存在だから大事にします

 

 

 

一文目の話に戻りますが、とにかくこの2,3日で思うのは

 今の状況を改善する必要があるってこと。

 

でも、どうやって?

 

こういう話で頼りになるのは仲の良い人たち。いつもの人含め。

 

真面目な話もたくさんするし、みんなよく考えてるんだなって本当に感心する

 

お陰で私も将来についてもっと考えようって思わされるし

 

今週は毎晩料理した後のお喋りで部屋に戻るのが遅くなっちゃってて、ゆうべこそはって思ったのに結局あの人が途中から来て帰りたくなくなってしまった…まあ途中からは一緒に勉強タイムだったからよしとしよう

 

年下の悩みに真剣に答えてあげたり、英語を教えたり。優しいんです私たち。

 

私はもともと年下や子どもっていうのが好きだから仲良くできるしいろいろしてあげようと思うけど、あの人も優しくて本当に面倒見がいいと思う。いいお兄さんって感じ

夏にも思ったけど、面倒見のいい人好きなんだよね

 

二人で年下の面倒を見てる時がすごく楽しいです

 

 

あと、他の女の子に比べて話しやすいって言われた~うしし。

私の取り柄は親しみやすさだと思うから、そういう良い面をこっちに来ても出せてるみたいでよかった

 

そういえばこないだ部屋の前まで行った時、ドアが開いた瞬間に洗濯物の良い匂いがして

だいぶテンション上がった

今日も同じ匂いがして、隣で密かに楽しんでました。香りって良いよね。

 

プチ旅行もそこらへんのメンバーで実現しそうだし、それを楽しみにちゃんとやらねば。

 

 

改めて自分の書いた文章を読み返すと、ちょこちょこただの脳内お花畑だけど(こっちに来てからの記事は半分以上といっても過言ではないですね…ハイ。)

日々考えることがたくさんあって、本当に楽しい。

 

自分は留学に来て本当によかったなって毎日3回は思ってる

 

こんな風に思えるのも、今までの海外での辛かった経験が活きてるのかな

 

もうすでに何度帰りたくないと思ったことか。

まさかこんな早いうちから帰りたくないなんて言い始めると思わなかった

 

自分の可能性を広げるために、行けるところまではどこまでも行きたい

なんて、そんな壮大なこと言ってて大丈夫かな笑

 

 

あっという間に過ぎていく一日一日を少しでも形のあるものにしたくて

そのひとつの作業としてこうやって文を書いてる

 

これからもたくさんの言葉を紡いでいこう

 

 

 

二週目

英語のテストで粉砕しました。

ついでに母親とメッセージ上で関係悪くしました。

 

と、今日はちょっとアンハッピー案件がいくつかあって

 

とにかく今は英語を伸ばそうと思った

 

母親が機嫌損ねたのもやってしまった感はあるけど、離れてるから直接言われることはないんですよ。それが唯一の救い…

向こうの気持ちもわかるけど、せっかく違うところに来たわけだし私だってもっと友達と過ごしたいよ

 

 

一方、浮かれた私にはそんなことをはねのける案件もありまして…

 

ご飯食べた後、私の部屋に遊びに来てついさっきまでずっとお喋りしてたんですよ~~仲の良いもう一人の子も入れて。

 

誰かの部屋に何人かで遊びに行くと、いつも隣に座るんです

ほーーーってなりますね、うん

 

そういえば昨日は全然会えなくて残念だなあって思ってたら、週末に出掛けに行くお誘いをしてくれた

来た!二人!!!って思ってたけど、結局4人ぐらいになりそう(笑)まあいいや~土日どっちも出掛けることになったし、それまで頑張れる。

 

ないのかなって思ってたら急にサインが出たり、なんともいいのではないでしょうか

 

ではでは

 

日々

朝まで友達と過ごして15時半に起きました、日曜日です

 

一週目の週末からこんなことすると思わなかった…

 

とりあえずやることはやって、宿題も終わらせたからひとまずよしかな。

 

 

毎日こんなこと書いてほんとにあほなんだけど、今日も一緒にご飯作れそうです

 

でもここに書かないと溢れ出すんだよ~~

友達にも言えないし、というかあまりにも早すぎて言うレベルじゃないし

 

あのですね、寮はえぐいです。本当に毎日会えちゃうから。

 

この、なんていうの、部屋を訪れる時と訪ねられる時の感じ

 

やっぱり外にいる時はそれなりに外の自分でいるけど、寮なんて家にいる時の自分だもの

 

その、外じゃない何かしらを見せ合うこの感じをなんと呼ぼうか。いや呼べない。

 

 

久しぶりにこんな気持ちになってます。こういう気持ちを持ってもいつもほとんど空振りというか、私は何にも動かないからなんもないんだよね。

 

でも今回は、とりあえず毎日会うし一緒にいる時間がかなり多いし

向こうからの働きかけも強いからとにかくスピードが早い

 

これ以上進むとよくないと思うけどね

 

 

---------------------

 

ついに友達に相談してみたんだけれども

どう考えても面白がってる…

 

まあでも、辛い時に心強いんじゃないのって言ってくれたから背中を押してくれてるらしい

 

一方、そんなやり取りを悟ったかのように突然母親から

「よく留学生同士でくっつくけど、だいたい別れちゃうから気を付けてね~」

というメッセージが来て…

 

タイミング良すぎてこわかった笑

 

でも、母親は私と違って恋愛体質なので自分もどうやら留学中に色々あったらしく

一度ぐらいはいいかもね、とも言われた

 

はあーーーなんとも言えないね。

 

私の作るご飯を美味しいっていつも言ってくれるし、そこから次に言われる言葉も期待させてくるようなものだからずるいんですよ。

 

今が一番楽しいんだろうから、変に事情を進めすぎずこのままで行こうか…もどかしいけど。

 

毎日、授業終わったら会えるかな?ここにいたら会えるかな?って考えて

今日あんま会えなかったなあって思うと急にキッチンにいたりして

 

少なくとも、勉強に支障が出るほど感情を揺さぶられるのはよくない。

いくら通常よりは少し長くても一日一日が大切だし、その日をただ単に喋ったり楽しいことして過ごしてるだけじゃ伸びしろも短くなっちゃうからね

 

 

ところで早速週末の小旅行を考えてるんですけど、みんなで行けたら楽しいなあと思って計画し始めてる

 

でも大学のクラブも入ってもっとコミュニティ広げたいし、どんどん自分から動かなきゃな

 

日々自分を戒められるのも、留学のいいところかもね

 

ではでは

違いへの気付き

 

週末だーーー

 

宿題の量もそんなに多くないので、明日は街に繰り出そうかな。

夜は和食パーティーです^^ 楽しみ。

 

 

ところで昨日の少し続き

 

今日は昨日買い物行けなかった代わりに、行かなきゃいけなかった登録に誘って

そのままお昼ご飯を一緒に作りました。

 

ほーーーー

一緒にランチ食べようとしてくれた中国人、ごめんね!

 

これは男の人全員に言えることなんだけど

料理男児って今までに見る機会が一度もなくて、みんながキッチンで料理してる姿がすごく新鮮。

 

それなりに慣れた手つきを見ると

きっと女の子はほーーって思うんじゃないかなあ。

ギャップだもん

 

手分けして料理するの、

めっちゃ楽しいっす。ほほほ

 

あと、いいよ~お皿洗うよって代わりにやってくれるのもとても優しい。

これは人によるので性格が出ますね

 

 

授業後はまた同じところでたむろってたら合流。

 宿題やらずに一緒にビデオ見たり、楽しかったですね(ちゃんとそのあと宿題もやったよ)。

 

余談ですが、喋り方がとっても優しいんです。トーンとかもすごくいい。声フェチだから、けっこうそういうところに注目がいくんだよね

 

完全なる余談から話を戻すと…

 

外で勉強したりたむろってたりすると他の人の友達とも交流できるから

関係を広げるのにもすごくいい。

周りがいろんな人と交流してるのを見ると、私も負けないようにしなきゃって思えるしね

 

おかげで今日も友達作れました

キッチンではお隣さんとちょっとだけ話せたし。

 

 

ただひとつ思うのは、

留学すると同じ国籍の人と上手くいかないって話は案外あるのかもしれないね

 

なるべくマイナスな感情を持たないためにあまり近づきすぎないようにしてるけど

比べちゃったりとか、そういうのがどうしてもつきまとってくる

 

 

で、それに関連してというかこっちに来てひとつ目標ができたんだけど

国籍にせよ性にせよ見た目にせよその他もろもろ、偏見を持たないようにしたいです。

 

偏見によって自分の行動を制限してることってたくさんあるし

いずれにせよ、偏見から起こる感情はいいものではないから

 

この一週間で自分がたくさん偏見を持っているのは何回も自覚したから、まずは何も考えずに話してみることかな

Judgeしすぎない。

 

人間にもっと興味を持って、今度はその人に興味を持てば

 自然と会話しよう、知ろうとする気持ちがうまれてくると思う

 

今日の午前の授業で、いろんな質問に答えていって、その答えに対して他の人たちが質問するっていうのをやったんだけど

 考え方とか文化とか国内の交通とか、異なることが多すぎて本当に面白かった

 

「日本人のなかでは男性が外に出て女性が家のことをやるっていう考え方があるらしいけど本当なの?」って聞かれたけど、はい。本当ですよね。

 

男女の役割の違いについて、もちろん理解してもらえる部分はあったけど

これにはグループの人たち驚いてた

 

まあ宗教の考え方上、イスラム系の生徒は日本の考えに賛同しているようなことを言ってたものの

産後に女性が仕事に復帰しても出世が制限されるようなことから、男女の会社内での平等性は低くて世界ランキングでもかなり下にいるっていう話をしたら

先生が興味深そうに聞いてくれた

 

外の国から見るとびっくりみたいですよ~会社のおじさんたち~~

ちなみにこの質問、中国人に聞かれた

 

男女別姓の話とかもしてみたかったなあ。

どういう反応するんだろ。結婚したら基本男の人のFamily nameにするのかな

 

 

違いに気づくってとても大事だね。

 

ただ単に不平等だっていう声が多い、っていう認識だけじゃなくて

外国人にとっては普通のことではないんだ!って気づくことで問題意識がより強くなるし。

 

視野を広げるって抽象的に聞こえがちだけど、すっごい大事。

人間力に繋がると思う

 

ただ単に浮かれてるわけではないです笑

こっちに来てからまだ一週間だけど、既にたくさん学ぶことがあった!

 

部屋だとこうやってパソコンしたり携帯いじってばっかだけど

授業では他の人といろんな話をして刺激を受けたり、外で交流を増やしたり

あ、あと料理ね。

 

洗濯もしなきゃいけないんだ~やることはいっぱいなんですよ…

でもまだ暇な方だと思うから、今を堪能する。

 

 

いい週末になりますよう

一週目

こんにちは。

inイギリスです~

 

こっちに来てしばらくロンドンに滞在したあと入寮、大学に来てから一週間弱が経とうとしているのだけど

控えめに言ってめちゃくちゃ楽しい。

 

正直、こんなに楽しいのは想像だにしてなかった

 

 

無事に日本人を見つけて、他の国の留学生の友達も予想以上にたくさんできてきているのだけど

ひとつ言うとですね。

 

日本人女子、めっちゃもてはやされる。

 

日本出身って言うとだいたいWow~~Japan!!ってなるし、

何よりKawaii!ってすごい言われる。

 

外国人から見て日本人女子って可愛く見えるらしいね~

飛行機乗る時に何回も感じてはいたけど、ここまでとは。

 

いつもは女の子とばかりつるんでいる私も

元々留学生は男子の割合が多いのもあって、こっちではだいぶ男友達に囲まれてます。

 

そして、毎日Kawaii~~と言われながら過ごしています。

最高じゃないか。そりゃ楽しいわ。

 

 

今、すごいうきうきしてて

あほみたいにニヤニヤしちゃって

いや、ほんとアホ

 

買い物誘われたり、絶対やらないだろうなって言ったら夜に宿題やるために一緒にいてもらって、それを見た中国人の友達にはやされたり

いやあー。ははは(アホ)

 

それにしても、自分は宿題ないのに遅くまで一緒にいてくれたのは素直にありがたかった。一人じゃ絶対やらないしね。時差ボケが直りきってない上に、散々みんなで喋った後で疲れてただろうに。

 

でも、みんなでたくさん喋ってすごい楽しくて

まだ話したいのになって名残惜しかったから優しさが余計に身に染みた。

 

とまあこんな感じでけっこうパラダイスです。ハイ。

 

 

今日はクラスメートや最初の頃からの友達と宿題を終えたあとずっとそれぞれの国の恋愛トークをしてたんですけど、

日本の女の子は駆け引きをするっていうの、なかなか面白い手法だよなって思った

 

探さない、待つの。っていうネタは日本だから生まれるんだろうなあ。

それぞれの性のアプローチの仕方とか、話しててすごい楽しかった!

 

さて、そんな日本女子は絶賛駆け引き中です。せっかく誘ってくれたのに行けなくて申し訳ないし、普通に会いたいし。てか行く必要のあるやつだし(もはや自分に言い聞かせ)

 

 

留学にそんなこと期待してなかったけど、一週目からこんな感じです。大丈夫か私。

これから長い付き合いになるし、ほどほどにやっていきます

 

みんなでもっともっと英語向上させていく!楽しみます!

 

イギリス学生ビザを獲得するまで ~完全なる個人アプリケーションの道のり~

この数か月、肝をつぶしそうになりながらやったこ

 

ビザ申請。

 

 

 

いやーーー何度メンタルブレイクしたかわからない…

 

 

そうです、もうすぐ旅立ちます。

国はイギリスです

 

完全に個人でアプライした留学でエージェントも介していないため、

向こうのスタッフに助けてもらいながらなんとかやってきました。

 

母も寮泊まれるかな~~とか言って着々と500円玉貯金とかしちゃってるけど

サポートはほぼゼロ。最近手厳しい。

 

このビザ申請までの過程では本当に自分の悪いところが浮き彫りになる出来事ばっかりで、何度自己嫌悪に陥ったかわからない…

それでもしばらく憂鬱タイムを越えるとケロっとして同じこと繰り返すから、我ながらたまったもんじゃないです。

 

というわけで、自分のミスを戒めるため

そして、もしこのブログをご覧になるイギリスビザ(学生ビザ:Tier4)取得予定の方がいた時のために

申請までの過程をいろいろ振り返ろうと思います。

 

注意してほしいのは

これから書いてあることは本当に悪例だから、反面教師だと思って!参考にはしないでほんと!!あとめっちゃ長いです。それでも読んでくれる方はどうぞご覧ください。

 

 

〈2017年1月〉

IELTSを受ける。ほぼノー勉にして入学条件のスコアを取れてしまって有頂天になる

しかし嬉しい時は束の間。英検が主催の、ビザ申請には使えないIELTSを受けたので大学へのアプライの書類として使えないそうな…とほほ。UKVI IELTSってなんだよ(泣)

 

〈6月〉

3か月前からビザ取れるらしいよ!と母に言われてビザ申請のことを知る(ビザへの無知さがひどい)。

でもとりあえずUKVI(こっちはBritish CouncilのIELTS)でスコアレポート届かないとだよね~~と思い軽く流す

 

〈7月〉

悲劇…受けなおしたUKVI IELTSでスコアが落ち、これだと入学許可証を出せないと言われる(記念すべきメンブレ第一回目)

 

〈8月〉

7月にスコアが出た時点でもう7月の受付は満員、Closedになっていたので8月に2回試験を受けなおすことに。

1か月で初回のスコアよりもいい点取ってやる!!と一応意気込むものの、なんとなくだらだらーっとした勉強を続けたのち試験を2回受ける(手ごたえはなかった)

これで私の8万が消えました…はあ

 

〈8月中旬〉

IELTSの結果出てないからどうにも動けないけどさすがにそろそろ一ヶ月前だよな…ってそわそわした結果、ビザ申請センターの質疑応答セッションに行く。Oh...質疑の相手イギリス人なのか…

 私のスーパーレベル低めなリスニングによると

 

私「まだConditional offerで…どうすればいい?」

相手「Conditional offerでもビザ申請できるよ~」

 

…エ?ソウナノ??

なんでかについては結局よく理解できなかった。必死に取ったメモを見返してもこの時自分がどう理解したのか解読できない(そんなんだからIELTSでListeningに足引っ張られるんだよ)

 

相手「Conditional offerならCASとパスポート、オンライン申請用紙を出してネ。             Unconditional offerならこれらに加えて通帳の翻訳(Bank statement)を持ってきてネ」

 

…エ?Conditionalなら通帳翻訳いらないの??

もう謎すぎる。それならConditionalでビザ取った方が楽やん。

 

あ、でもここまで書いて気付いたけど

もしかして語学留学としてビザを取った後にUnconditionalでまた申請しろってこと??

いずれにせよ、後からなんらかの手続きをする必要がありそう。でなきゃ半年以上行くのに資金証明がいらないってことないもんね。

 

友達の話やどなたかのブログによると日本はLow risk countryで信頼があるから資金証明が必要なかったようで、でも私は学校からも質疑応答セッションでも必要だと言われたから何が違うのか謎…。

交換留学だったり会社をバックにした留学だとお金があっての渡航だからってことなのかなあ。個人留学はことごとく辛い…

 

いまだに謎なことが多くてこのブログが果たして本当に役に立つのか心配になってきたけど、私はめげないぞ。

 

 

〈8/26〉

運命の8月第一回IELTSの結果公開日。

二回目の結果は9/8に出るので、正直ここで取れてないとだいぶきつい。

 

しかし、思いは報われず前回と同じ5.5。

あと1分野で0.5高ければなあ…と思うものの、分野別に見ても前回とほぼ変わりない。オワタ

 

とりあえず結果を向こうのスタッフに報告

&、質疑応答セッションの時に言われた話を持ち掛けてみる。

 

焦っていたこの時期に必死に「ビザ Conditional Offer」などで検索かけてたら、IELTSのスコアが足りなくても交渉してUnconditional Offerにしてみせた方の話を読んだので挑戦しにいってみた。一応、一応はじめはクリアしてたしね!

 

以下、大学のスタッフとのLINEのやり取り

私「申請センターに聞きに行ったら、Conditional Offerでも申請できるって言われたんだけど…」

ス「CASの発行にはIELTSのスコアが必ず必要だから、達してなければCASはあなたに出せない。そうするとビザの申請もできないわ…」

 

ス「OH WAIT! maybe I CAN HELP YOU!!

 (待って、どうにかなるかも!)」

 

この文まんまで来た。

どうフォローされるんだろう…と不思議に思っていると、メールに新たなオファーレターが。

 

pdfを開けばあらびっくり。

 

Unconditional Offer出せるんかーーーい!!

 

 

〈8月下旬〉

 というわけでさらっとUnconditional offerをゲットしてしまった後は、質疑応答セッションでも言ってた資金証明を用意。

 

と、ここでまたもや問題発生

 

28日ルールを証明するために新しく記帳しといて~と、一部のお金を貸してくれていた母が引き出す際にお願いしたものの…

 

 返してもらった通帳を見て気付く。

 引き出す前に記帳してって言い忘れた……

 

お陰で大学に必要と言われていた資金を1000ポンドほど下回ることに。でもこの資金自体は28日間あったんだからクリアじゃね?とかいって適当に正当化し始める。とりあえず翻訳会社に出してみよう。

 

 

〈9/1〉

翻訳会社からの見積り額を振り込み、依頼完了。

 

この日は旅行中で、前日に近くに銀行がないからって振込を諦めちゃったんだけど少なくともこの日までに速達で頼んでなかったらだいぶ危なかった…早めってほんと大事。

 

 

〈9/4〉

翻訳ができあがったとのことで(迅速…!)、確認用に送ってもらったpdfを大学のスタッフに送ってみる。すると

 

ス「1000ポンド足りないよ!」

 

やはりそう来てしまうよね…。

交渉してみたんだけど、

 

ス「今すぐ1000ポンド払ってくれればCASを発行できるけど、そうじゃないと発行できない」

とのこと。

 

個人留学はお金には厳しいんだねきっと。

 

 

〈9/8〉

さあその振り込みをどうするか。

 

デポジット支払いのようにオンライン決済できるかと思いきや、それはデポジット限定のようで…

 

まあ、手段は海外送金だよね。

 

この週はインターンだったので銀行に行く時間がなく、なんとかインターン前とお昼休みに駆け込んで海外送金を試みたところ…

 

・私のカードだと海外送金できないかもしれない(なぜ)

・通帳にその日の朝(父から)振り込まれた多額のお金の資金元を明らかにする書類がないと、マネーロンダリングの対策で送金ができない

 

OMG。

サイトに載ってた書類全部持ってきたのに…

 

マネーロンダリングも知らないよ~~

タイミング悪く父が借りられたお金を振り込んでしまったため父の口座からで、申請して国から降りたお金ですと口で説明しても父の口座のコピーか原本が必要とのこと(あるわけないやん)。

 

そもそもこっちが急いでるの見てわかるでしょ。書類はあるんだからどうにかしてくれって言ってるの。

 

どんなに態度で示し私にしては交渉を重ねても、銀行員の態度が一ミリも変わらない…(この日から銀行員がきらいになってしまった)。

 

そして、夜に今までで一番のメンブレ。

仮に月曜にできたとしても、海外送金って4,5日かかるから来週末に届くかどうかぐらいじゃん…2週間切ってるどころじゃなくなる…

 

と、メソメソしていた時に神のごとく返ってきた大学スタッフからのLINE。

 

ス「こっちでも1000ポンド下ろせないかやってみるね」

 

そこからどういうわけか向こうのスタッフが私のカードから1000ポンド引き出すことに成功したらしく、「来週、少なくとも火曜日までにCASを発行するよ!」とのこと。

 

このメソメソを聞いてもらうと、

 

ス「わかるよ…CASを待ってる多くの生徒を見てきたから、ナーバスになるよね。

でも10/9までに入れれば大丈夫だから!」

 

もう泣いた。優しすぎる。

この日は本当にスケジュールも感情も目まぐるしい一日だった…

 

 

〈9/11〉

夜にCASの添付されたメールを受信!!!

すぐさまビザのオンライン申請に取りかかる。

 

この時日付が変わる直前で、すぐにオンライン申請してなかったら窓口申請一日遅れてた。何度も言うけど、本当に早めが大事…

 

ちなみにオンライン申請は3時間ぐらいかかりました。ビザ発行を拒否されないようにっていうのだけ考えてあまりにも慎重にやってたらめちゃくちゃ時間かかった…3時にようやく終了。この時にPriority serviceやSMS serviceが選べたので、事前に清算してしまいました。

 

 

〈9/13〉

オンライン申請から最短2日後でこの日の朝一番を指定。

いよいよVFSビザ申請センターへ。

 

 書類を出しに行くだけとはいえ、みんながブログで言ってたのを散々読んでたのもあって緊張した…。

というか、とにかくここまでの道のりが長すぎてやっとかっていう思いと実感のない気持ちが並立してて変な感じだった。

 

入口で持ち物チェックとボディチェックを終えて中に入ってからは、確か15分くらいで受付に呼ばれて。

 

質疑応答セッションではイギリス人に対応してもらったし、大学から来た書類にinterviewのポイントが書かれてたから面接みたいなのがあるのかなって緊張してたけど

実際は日本人のスタッフに書類を渡すだけでした。

 

いざ出そうと思ったら

「追加料金で書類の最終確認ができますが、どうされますか?」

と…

 

最終確認にもお金使わせるのかよ(白目)

 

後日談ですが、最終確認にお金を使った子は支払い直後に

「CASだけで十分です」

と言われたそうです。

 

その一言を聞くためだけに2000円…イギリス恐ろしや…

 

私が唯一言われたのは、

書類をバーコード別にソートする紙は前の週から必要なくなったそうな。

どこにも書いてなかったやないかーーーい

 

書類提出のあとは写真撮影で別の部屋へ。

指紋認証をしたら終了!

 

帰り道もなんだかふわふわした気分でした。

ビザゲットできますように…渡航予定日まで残り13日。

 

 

〈9/19〉

果たして私のビザは間に合うか否か。

 

勝負はこの週末、最悪次の週も覚悟していたのに

朝一番にSMSが届いたのはなんと祝日の翌日であった火曜日。

 

もう、ソファから飛び上がりました。

でもまだ結果が到着したってだけで、ビザが通ってるかどうかわからないのがまた面倒なところ。

 

数時間後にVFSへ行き、結果を受け取りました。

 

結果は…

"Your application for a Visa has been successful."

 

やったーーーーーーー!!

ついに留学の夢が叶ったんだっていう嬉しさとここまで大変だったなっていう安堵と、来週旅立つことが確実になったこの感情の渦巻きといったらもう。

 

 

 

エージェントを通さず自分の大学を通さず、本当になにもかもやるっていうのは留学前から本当にきつかった。でも、自分の悪いところを知りつつひとつの大きな過程を全部自分でやりかったんだから、だいぶいい経験になったよねきっと。

 

初めての長期(言い方によっては短期)留学、異国での生活、一人暮らし。

何もかもが新しくて本当に道だけど、頑張ります。

 

May this experience make me go much higher! I shall keep tring.

 

てわけで、一年間イギリスや留学についての記事になりそう。

基本的に大衆向けの文ではなくあくまでも自分が書きたい時に書いてるだけだから、個人的なものになるかもだけど。

 

ではでは!

 

 

言葉は無限大

ちゃんと寝て、

ちゃんと食べて、

好きな人の手を離さずに。

 

 

カホコほんとによかったね~~泣

最終回があんなにいいドラマ、なかなかない。

 

カホコのいいところはたくさんあるけど

中でも台詞がほんっっとにいい。

 

次に言う言葉が予測できないんだよね

 

予想を越えるとか予想外というよりも

もう、考えもつかないの。

遊川さんって本当にすごい

 

本当に素敵な台詞だと思った数は挙げきれないけど、覚えてるものは

「俺にはお前が必要なんだよ」

「ママ、長生きしてね」

そして

「ちゃんと寝て、ちゃんと食べて、好きな人の手を離さない」

 

もうこんなのほんの一例なんだよ…

ほんとにほんとにいい台詞だらけ!!

 

 

俺にはお前が必要なんだよ。

いやあ~~これは考えつかなかった…

 

この台詞のなかに、そこらの恋愛ものを遥かに越えた人と人の関係性が見えるところが好き

 

一緒にい"たい"だけじゃなくて

そばにいる"必要"があるのは、

いろんな関係のなかで人と人が付き合う上で、とても重要なことだと思う。

 

wantだとただの独りよがりな感情だけど、

need toはその人じゃないと成り立たないからそう思うわけで。

なんとなく違いを上手く表せないけど…

 

私の持つ人間関係のなかで

私が"必要"だと思う相手はどのぐらいいるんだろう。

 

はっきり言えないけれど

これから先も、出会うべくして出会った"必要"な人たちがたくさんいるといいな。

 

 

ママ、長生きしてね。

個人的にどしんと来ました

 

すごくすごく単純な気持ちで、こんな重みのあることをすとんと言えるのがカホコのすっばらしいところ

 

私なんて、恥ずかしくて言えないこと本当にたくさんあるもの

 

どんなに長生きしてほしいと思ったって、

こんなに重みを持たせられない

 

二つ目のお願いっていうのも考えつかなかったしね

 

 

ちゃんと寝て、ちゃんと食べて、好きな人の手を離さない

 

3番目は置いといて、これがどれだけ基本的で大事なことか。

 

ちゃんと寝られること。ちゃんと食べられること。

これはとても幸せなことであって、なおかつ絶対に裏切らない。

 

好きな人の手を離さない。

またまた私に難しいもの出てきた…でもめちゃくちゃ大事なのは理解できる。

 

手を握るっていろんな意味が込められてるしいろんな状況で起きる行為だけど、

人と人が物理的に繋がるための一番基本的なことなのかもしれない

 

そこには信頼とか、愛とか友情とか

いろんな気持ちを籠めて手と手を交わすんだね

 

 

過保護のカホコは、こんな基本的なことを徹底的に掘り下げてくれる本当に素晴らしい作品だと思った

 

私たちが忘れがちな、でも覚えておくと人生が少し豊かになるヒントを与えてもらった

本当にありがとうございます

 

私は文で伝えることはまだできるから、

今度は"言の葉"にしないとね。