言葉は無限大

ちゃんと寝て、

ちゃんと食べて、

好きな人の手を離さずに。

 

 

カホコほんとによかったね~~泣

最終回があんなにいいドラマ、なかなかない。

 

カホコのいいところはたくさんあるけど

中でも台詞がほんっっとにいい。

 

次に言う言葉が予測できないんだよね

 

予想を越えるとか予想外というよりも

もう、考えもつかないの。

遊川さんって本当にすごい

 

本当に素敵な台詞だと思った数は挙げきれないけど、覚えてるものは

「俺にはお前が必要なんだよ」

「ママ、長生きしてね」

そして

「ちゃんと寝て、ちゃんと食べて、好きな人の手を離さない」

 

もうこんなのほんの一例なんだよ…

ほんとにほんとにいい台詞だらけ!!

 

 

俺にはお前が必要なんだよ。

いやあ~~これは考えつかなかった…

 

この台詞のなかに、そこらの恋愛ものを遥かに越えた人と人の関係性が見えるところが好き

 

一緒にい"たい"だけじゃなくて

そばにいる"必要"があるのは、

いろんな関係のなかで人と人が付き合う上で、とても重要なことだと思う。

 

wantだとただの独りよがりな感情だけど、

need toはその人じゃないと成り立たないからそう思うわけで。

なんとなく違いを上手く表せないけど…

 

私の持つ人間関係のなかで

私が"必要"だと思う相手はどのぐらいいるんだろう。

 

はっきり言えないけれど

これから先も、出会うべくして出会った"必要"な人たちがたくさんいるといいな。

 

 

ママ、長生きしてね。

個人的にどしんと来ました

 

すごくすごく単純な気持ちで、こんな重みのあることをすとんと言えるのがカホコのすっばらしいところ

 

私なんて、恥ずかしくて言えないこと本当にたくさんあるもの

 

どんなに長生きしてほしいと思ったって、

こんなに重みを持たせられない

 

二つ目のお願いっていうのも考えつかなかったしね

 

 

ちゃんと寝て、ちゃんと食べて、好きな人の手を離さない

 

3番目は置いといて、これがどれだけ基本的で大事なことか。

 

ちゃんと寝られること。ちゃんと食べられること。

これはとても幸せなことであって、なおかつ絶対に裏切らない。

 

好きな人の手を離さない。

またまた私に難しいもの出てきた…でもめちゃくちゃ大事なのは理解できる。

 

手を握るっていろんな意味が込められてるしいろんな状況で起きる行為だけど、

人と人が物理的に繋がるための一番基本的なことなのかもしれない

 

そこには信頼とか、愛とか友情とか

いろんな気持ちを籠めて手と手を交わすんだね

 

 

過保護のカホコは、こんな基本的なことを徹底的に掘り下げてくれる本当に素晴らしい作品だと思った

 

私たちが忘れがちな、でも覚えておくと人生が少し豊かになるヒントを与えてもらった

本当にありがとうございます

 

私は文で伝えることはまだできるから、

今度は"言の葉"にしないとね。