ついに。

 

中学生のときが一番、今でも少し、やりたい願望はあったものの

もともと超長文派の私がやるものではないと自制してきたブログ…

 

勢いとノリで始めてしまいました。

 

自分のなかでふわふわっとした思いを文にすることが好きなんだって

Twitter で気付いたんですよね。

好きなようにやっていけるといいな。

 

 

-------------------------

 

今、『ブランケットキャッツ』っていう重松さんの短編小説を読んでいるんだけど

いい具合にハマってます。

まさかまさかのドラマ化もしていて(知らなかった)。

 

テレビをつけたらたまたま始まったドラマがつい最近読み始めた本だなんて、

ちょっとだけ運命感じちゃいました。

これは読むしかない。

 

今日はフードコートで一人、懐かしの味を食べながら

ドラマでの初回放送に使われたお話を読んでいました。

 

日曜日に人の集まるフードコートで泣きそうになりながら汁をすする女の人…

まあいいよね。

 

隣に座っていた老夫婦が何もせず、何も話さずただ二人で座っていたのがほっこりしたな。

スマホなんていらないよねー、ってたまに考える。

 

最近は前ほど頻繁に読むことのなくなった本だけど、

本は人の感情や想像力を豊かにしてくれる、とても素敵なもの。

これからも読み進めるのが楽しみ。

 

よし、いい長さで書き終われた!