想像以上の未来で

 

 

 生意気だけど心配ご無用

 ちょっとだけ見ててよ

 くだらないとか笑われても

 普通じゃ足りないの

 

 燃えてくファイヤ熱い夏

 

 

 

 


f:id:maguro11rn:20170724233446j:image

 

 

 

しびれますネ!!

 

今週一発目のブログは

清涼飲料水のCMに出てくる歌の歌詞から

お送りしました。

 

さっきテレビで流れてて、心を惹かれたので

 



f:id:maguro11rn:20170724233630j:image

 

 

調べてみると、なるほど。

あの電通さん企画の作品CMなのですね。

 

わたし、一時期CM制作にすごく興味のあった時があったんだよね

 

短い時間のなかであれだけ人を惹きつけるってすごくない?

ちなみに前はコカ・コーラのCMが好きでした。

 

特に青春がはじけるようなムービーは見ててたまらない

青春ってこれだ、って思う

 


f:id:maguro11rn:20170724235406j:image

 

 

「青春とは、偉大さだ」

 

私が定義づけるとしたらこれなんじゃないかな

 

若さを体で、言葉で表現して

大人数でぶっぱなしたもの

それから、非現実

 

これこそが青春だと思う

 

運動会とか文化祭とか

はたまたあのCMみたいな非現実的なこと

 

それをやってのけるのが、学生の偉大なところ

彼らはなんにでもなれるんだ

 

 

青春って、若さって

可能性や夢なんだろうな

 

だからやってみたいことは何でも挑戦すればいい

飛び込めばそこには異世界が広がっている

 


f:id:maguro11rn:20170724233619j:image

 

 

私もいろんな異世界に飛び込んできたと思う

インターンの面接でもどうやらそこに関心されたらしい

 

特に大学生って本当にみんないろんなことをやっていて

SNSを見かけてはなんでそんなことしてるの!って意外に感じたことたくさんあるけど

みんな、探してるんだと思う

自身の世界を

 

 

高校生は、とにかくキラキラでまぶしい

 

大学生ほど行動が自由でないはずなのに

小さなコミュニティの中で、やろうと思えばなんでもありにできる

 

制服という戦闘服をまといながら

可能性にチャレンジしていく

 


f:id:maguro11rn:20170724233725j:image

 

 


f:id:maguro11rn:20170724233809j:image

 

 

 

 

高校生戻りたーーーーー

 

そこに至ります。

 

でも!

私には私の可能性が

異世界が、これから待ち受けている

 

遅咲きの花でも

咲いちゃえばみんな花だから

これからも咲かせていくんだ

 


f:id:maguro11rn:20170724233744j:image

 

 

深夜の勢いで書いたので

無駄にポエム化してるけど

こういう回もあり◎

 

広告会社も少し検討してみよっと

 

 

-------------------

 

いやほんと!まぶしすぎるから見て!!

 

 

www.youtube.com

 

夏休みはまだですか

勢いで2時まで起きていたら

11時に目が覚めました

 

あ~~

 

そして勉強を始められたのは15時半…

 

なんとか英語だけやったけど、試験勉強がまったくできなかったから

夕方からのゼミの前期お疲れさま飲みに行く気もなくなり

やだやだ言いながら家を出た

 

 

 

 

予想よりずっと楽しかった

 

同期との親睦を深められたのが何より!!

 

せっかくみんなと話せたのに、これでまた一年さよならしちゃうの悲しい

夏にみんなで集まろうってなったから楽しみです

 

楽しかったなあって余韻に浸りつつ

帰りにふらっと本屋に立ち寄り

雑誌を立ち読みすることの幸せといったらもう

 

最近、本屋大好きです

 

明日こそは勉強じゃ~

いや、家に帰っても勉強じゃ~~

トゥデイ

今週も一週間が終わったあ~~

 

あんまり思い通りに書けなかった試験がひとまず終わって

ヴォーカルレッスンして

第一希望のインターンシップ通過祝いに飲みに行って

 

うん。いい金曜日だ。

 

大好きなブランケット・キャッツの放送日でもあるし、やっぱり土日より好き

 

ところで水曜日のあのドラマも好きなんだけど、前シーズンの母になるに続き

最近では珍しく好きなドラマが多い。

 

演劇を経験してから、話だけじゃなくて

役者さん達がどうやって演技するかを見るのも好きなんだよね

 

特にブランケット・キャッツは毎回出る人が違うから

今回の人あんまり上手くないなあと思いつつ、最終的には内容に取り込まれてじーんとなってる(なんだよ)

 

 

そういえば今週、初めてAnnie以外の舞台を自分の意思で観に行きました。

難しいテーマだったなあ…

 

同性愛やHIVのことを描いたもので、

主人公以外の登場人物は全員AIDsに感染してるっていう設定にまず驚き。

 

あとは ん?と思うと次々と同性愛者が出てくる

 

内容が内容だから、みんな動きがセクシーで

綺麗だったなあ

 

ただ単にセクシーなわけじゃなくて、綺麗さがあるんだよね

 

私はそういう動きがめちゃくちゃ苦手だから(色気なんてものとは無縁の野郎である)

セクシーに動ける人はもちろん、ましてやたくさんの人の前で見せられる役者さんは尊敬する

 

こういうのって恥ずかしいけど、人間の三大欲求でもあるし

言ってしまえば人間らしさなんだよね

 

人間らしさを出すのって、自分を最大にさらけ出すことだと思うから

演技においてはとっても大事なこと。

あんなにさらけ出せたら気持ちいいだろうな

 

で、今その舞台のキャッチフレーズでもある

No Day But Today

という曲にハマっています

 

あんまり上手い訳じゃないけど

今日をなくして他の日はない、つまり今日は今日であるっていう言葉

私が最近意識していることに近かったから心に残った。

 

今日という日、そして今この瞬間を噛みしめているようですごくいい

 

今日をイキイキと過ごして

明るい未来しか待っていないような前向きさが感じられて

晴れ晴れとした気持ちになる

 

日本を発つ時が刻一刻と迫ってきて

気付けばあと2ヶ月で、こないだまで6月だったのにとか過去のことばかり振り返りがちだけど

もっともっと今を大切にできるといいな

 

Have a nice weekend :)

素直になる

今日は朝からモヤモヤする。

いや、正確には昨日の夜から。

 

「逃げてるんじゃないか」って言われた

「普通にしているのがいいと言ってるけど、それは逃げてるだけだ」って

 

普通にしていることに後ろめたさは感じていなかったけど

そう言われて、急にモヤモヤしてきた

 

 

私は逃げてるのかな

親の末期ガンから、目を背けようとしてるのかな

 

わからない

少しだけ苦しい

 

 

確かに私は理解しよう、寄り添おうとする姿勢に欠ける。それは認める

手術後や入院中にそういう姿勢を見せるので精一杯だ

 

正直、手術直後に至っては見てられなかった

泣くのをこらえきれなかった

 

私は本当に素直じゃないから

優しくするのが苦手だし

涙を見せるのも苦手

でも、それで許されるわけないんだよね

 

向こうはもっと気を遣ってほしいらしい

自分のことを見てほしいみたい

 

私は、なるべく普通に接していたい。

そうしているのが私にとっても向こうにとっても一番楽しいと思っているから

 

でも

楽しいのと優しいのは違うんだよね

 

優しくするには、どうすればいいだろう

 

表では大変だけど頑張ってねって言われて

実際は優しくないなんて

なんだかとても最低なことのように思えてきた

 

孤独を感じるって言われたのも

刺さった

 

どんな言葉よりも自分を最低にしている気がした

 

まずは、理解することからかな

できることをやれるように意識しよう

わたしの場合、意識しないとやらないと思うから

 

夏には出掛けよう

 

オタクってなんだろう

はてな検索をようやく「ジ/ャニオタ 就/活」から切り替え

久々にエンジンかけました。

 

「カメラ」「本 カフェ」

など、興味のあるものを適当にワード検索したんだけれど

 

結局たどり着いたのは

「セクバ」

 

見たくなっちゃうよね、やっぱり。

 

そこで何記事か拝見し

思わずうんうんとうなずき、自分も書きたくなる

 

でも

自分が書いた先に待ち受けているのは

受け入れられない考えである、ってこと

 

わからない

もしかしたら勝手にそう思ってるだけかもしれないけど

 

前は、少し違う目線を持ってていつも面白いと思いながら読んでるんだとか言ってもらえて、すごく嬉しかったけど

だんだん自分の好きな世界じゃなくなっていったのが影響したのか

考え方がひん曲がっていくように感じた

書いて後悔することが増えた

 

でもそれはまぎれもない私の意見であって

ジレンマにしばらく悩んでいた

 

数か月、

いや、もしかしたら1年ぐらい続いてたのかも

 

合わない考えであるのはわかっているのに、

どうしても衝動で書きたくなる

でもわだかまりが残る

 

そういうスパイラルを繰り返した結果

見たい人だけが見ればいいブログに行きついた、のかも。

 

今もこうして衝動で書いてるけど(ほんとはgleeのこと書こうと思ってた)

見る人が圧倒的に少ないっていうのは気が楽。だから書く。

私はもともと書いて発信することが好きだから

 

 

で。今日思ったのは

オタクってなんだろう、ってこと

 

自分の好きな子を応援したくて

追うために情報を収集する

そして同じような環境の人に出会う

 

一人の人について、一つのグループについて

様々な意見が飛び交う

 

でも、とりわけTwitterは肯定的な意見に溢れる

多くの人の目に触れ得る以上

人の目を意識したうえで意見を述べる必要がある

 

ただ単にお花畑な人もいるし

ママみたいな感じでダメなときはダメと言う人もいる

でも、無駄に冷静な人ってたぶんそんなにいない

 

俯瞰的に見るクセがある自分にとっては、この性格がだんだん合わなくなってきた

のかなと思う

 

その子が好き、その集団が好き

根本の気持ちはみんな同じなのにね

 

コンサートにたくさん入れば現場派

入らなければ茶の間

 

歴が長ければ古株

短ければ新規

(そういえば、最近は新規という言葉が悪く使われることが多いのを逆手に取って自ら新規を名乗る人が多いのは不思議だなあと思う。はじめから低姿勢でいって、悪く思われないようにしてるのかな)

 

有名なオタクみたいなのも各アイドルにつき数人は出てくる

 

いろんな方面から、オタクについての様々なステータスが与えられているなって感じる

 

 

私は一年前の夏まで、「現場派の古株」という枠にいた。それから「DD」。

あと最近は「懐古厨」もかな?

 

「懐古厨」が広がりすぎて、マイノリティになって

やりづらさを感じた

 

だから、約9年続けてきたオタクを

しばらくお休みしようかなと思った

 

同じ世界の人を知ってしまったからには

そこから抜け出して楽しむのって難しいと思う

 

でも、正直耐えることに疲れた

気を揉むぐらいならやめちゃえって思った

 

 

結論ってほどの結論じゃないけど

今の時代にオタクをやることは、少し難しいのかもしれない

 

でも思い入れはずっと変わらないから、大切にしている思いが傷つく前に身を引いた

 

今、すごく楽だ。と感じる

 

たまに関連記事を読むと少し揺さぶられるけど

ずーっと楽になった

これでいいんだって思えた

 

 

はあ~

 

こんなに書くつもりなかったのに、気が付けば1時間経過…やってしまった…

趣味のことになるとこれだからあんまり書きたくないんだよね

 

まあ、記録用にかな

gleeのことはまた気が向いたときに~

 

 

 

本と私と珈琲と(飲めない)

先週も来たドッグカフェへ。

今日はうちの犬は一緒じゃないけど、行きたいと思ってたブックカフェがあまりの行列で…

 

すっかり忘れてたけど、今日って三連休の中日なのか。

そりゃ昨日より混むわけだ(昨日も来てた)

 

ドッグカフェもドリンクひとつ頼むのに15分も待って、やっとこさ着席。

 

と思えば、目の前の犬連れの客がまさかのキャリーケースをテーブルの上に置くという悲劇…

あほなの…?

 

このカフェ、スタッフの感じは良いけど

休日に回すには足りない人数しかいないし

みんなレジや洗い場でいっぱいいっぱいだから

カフェ全体を見回せる人がいない

 

さすがにテーブルの上にキャリーケースはスタッフが見つけたら注意ものでしょ。

衛生というものがまるでなってない。

 

何より、テーブルの上に動物を置いても構わないと思っている客の心情が理解できん。

そういうことする人って決まって主婦だから、やっぱり主婦にはなりたくないって思っちゃうんだよな

飲食でアルバイトしたことあります??

 

…と、こういうのを見つけるとついぐうたれてしまう。。。

こんな休日に何時間もいられるだけまだいいか。

 

とりあえず、目の前にキャリーケースが見えるのは耐えられないので

すぐさま座る席の向き変えたよね。

 

 

-------------------------------

 

日にちは変わって火曜日!

今週は試験前だというのに用事が多い。まあいいのだ。

 

とはいえ、今日の予定が急きょなくなったので勉強のためのカフェを探しに駅を降りた。

 

ウィンドウショッピングがてら複合施設に入ってみたところ

なんとブックカフェ発見!!

 

階に上がってみたら、それはそれは広々としたイートインスペースと直接つながっている本屋さんを発見。

 

これは…スーパーゆっくりできるじゃないか…!!

 

よく特集で取り上げられるブックカフェに行こう行こうと必死になっていたのがアホに思えるぐらい、広々として快適な空間だった

まさか定期圏内にあるなんて!

 

本当にゆっくりできてよかった。

 

2時間ほど勉強しつつ、世界の写真集と夏に行く旅行先のガイドブックを読みふけっててとも楽しかったです。

 

本を返しにいった時、雑誌コーナーに高校低学年と思しき学生カップルがいて。

どうやら夏休みにどこに行くかを考えてるみたい

 

男の子「フランス行っちゃおうよ!」

女の子「モンサンミッシェルのところー?」

 

めちゃくちゃ適当な記憶だけど、こんな会話

 

いいね、高校生にしては夢が壮大だ。

と目を細める一方、海外にカップルで行くのはかなりリスキーだからやめといた方がいいと隣から口を挟みたくなるおばちゃんこと女子大生(および彼氏なし)

 

私は友達でさえ、海外旅行はなってちょっと思っちゃうもん。

絶対ボロ出るからね。一回は現地でケンカするはず。

 

と一人でぶつぶつ考えていたら、結局国内の花火で落ち着いたらしく。

 

男「あ、これいいじゃん。花火」

女「え!明日だよ~~」

 

うん。尊い。(細い目)

君たちには花火がよく似合うからぜひとも行っておいで。

 

花火かあ~いいなあ~

今年はもう一度ぐらい浴衣着られるといいんだけど。

 

それにしても、あんまり浴衣に可愛さを見いだせない奴←

着物はすごい好きなんだけどね!

おそらく暑くてパリピな夏が好きじゃないだけですね。

 

今日はゆっくりできたんだけど、家に帰ってからだらだらしちゃったな。

 

日々があっという間に過ぎていくことにたまに虚しさみたいなものを感じるんだけど、

Remember the moment

という言葉をその度に思い出してる

 

今この瞬間を楽しめれば

もっと楽しくなると思うの

 

Enjoy this moment.

Good night ;) 

 

ようやく

 

この1週間、

あっという間だったなあ。

 

ブログも書こう書こうと思っていたのに

なんやかんやで機会を逃し…

 

ブログって、Twitterと違って

すぐに書けないからあんまりやりすぎなくて済むね。

 

 

Twitterをログアウトして早10日。

もうちょっと経ってるかと思ったけど、それにしてもいざ手放すと本当にどうでもよくなるものだね~

 

旅行じゃない限り、海外に行くときはTwitter見るのを避けてたように

スマホでやることがなくなっても見なくなった

 

今の私にとってTwitter

見ていても気分がよくなるものじゃないからね。

 

ログアウトする!って宣言するときまでは

最近TLを見ていても不快だ、って感じつつも

なんだろう、やっぱり習慣づいてるからどうしても見ちゃうんだよね

 

でも一度宣言すると

本当はログアウトしてなくても、見る気がここまでなくなるなんて

 

たまーに気が向いたらリストTLをちらっと見るぐらい

 

おそらく、とりわけフォロワーのツイートを見たくないのかもね

 

知り合いだからこそ、自分との違いが明白になると

比べちゃうからだと思う

 

リストは知り合いじゃないから

あーなんか言ってるよぐらいにしか思わないし。

 

 

離れているのはTwitterだけじゃなくて

テレビや雑誌も、ほんとに見なくなった

 

昨日ひっさしぶりに少クラ見たぐらい

 

久しぶりに見るJr.は、やっぱり世代交代していて

久しぶりに見る聡くんは、かっこよかったけど

前とは打って変わったなと改めて思う(友達とその話したから余計)

 

 

そういうわけで

今はこれ!といった趣味があるとはたぶん言えない状態になった

 

まあ、ジャニーズほどの趣味ってそう簡単に見つかるものじゃないからいいんだけど

 

ささやかな趣味たちが、今の私を支えていると思う

 

あとは友達?

週に一度はあの集団の人たちに会えていて

幸せだから

 

 

ところで、このブログにジャニーズのこと書いたの初めてな気がする

 

まあ書いてはいたんですけど、全部下書き行きですね…

書くことが多いのだ。

思い入れの深さはずっと変わらないよね

 

 

この1週間、いろいろなことがあったからそれを書こうかなと思ってたのに

なんかまったく違う話になった

 

その時に書きたいことを書く!

もっと書きたかったらまた投稿する!

自由だ~~

 

ブログ開設してよかった^^

 

 

今日こそはあのカフェに行こう